虫歯 | 武蔵境の歯医者、武蔵境駅前-みやうち歯科

虫歯

虫歯

虫歯の進行について

虫歯は、プラーク(歯垢)の中でミュースタン菌などが産生する酸が原因となり生じます。虫歯ゼロを目指している方も多いと思いますが、実際は、多くの人が生涯でのうちに一度はかかる疾患です。子どもも大人も発症します。

痛みを伴い、自然に治らないため歯科治療が必要になります。だからこそ、正しい虫歯予防・早期治療に取り組んでほしいと思っています。虫歯の進行は、C0からC4の段階に分類されます。進行段階によって、症状も治療法も異なってきます。

虫歯の進行

虫歯の症状

虫歯の場合は、次のような症状を訴えてご来院されます。

虫歯の症状 虫歯の症状

上記のように症状が出ている場合は、C2以上まで進んでいるケースが多いです。C2まで進行すると、歯の表面に穴があいていることが確認できる段階です。C0では穴はあいていません。またC1の虫歯も、まだエナメル質だけが侵されている状態のため、痛みを感じていないことがほとんどなのです。

歯の象牙質内には、象牙細管という細い管が走っているため、口の中の刺激が神経に伝わり、冷たい物がしみる・噛むと痛いなどといった症状が出てきます。治療では、症状に応じてコンポジットレジン修復や詰め物を行い、虫歯の穴を埋めていきます。

C3になると、象牙質の内部深くに炎症が及び、熱いものがしみたり・強い痛みが出てきます。状況によっては、歯髄を取る大掛かり治療が必要になります。C4まで進行すると、歯の根元にまで細菌が達して病巣ができて、その結果歯肉から膿が出ることもあります。この場合、歯を抜かなくてはならないこともあります。

当院では、できる限り歯を削らない・神経を抜かない・そして痛くない治療に努めておりますが、状況によっては、やむをえず選択しなければならないこともあります。ですから、皆様においても、気になる症状や心配ごとがあるときには、お早めに歯医者さんへ相談にきてほしいと思っています。

歯科検診

上記でご説明の通り、C0では穴はあいていません。またC1の虫歯も、まだエナメル質だけが侵されている状態のため、痛みを感じていないことがほとんどです。そのため、虫歯を早期発見するには、定期的な歯科検診がとても大切です。

歯医者の歯科検診では、虫歯の有無のチェックのほかに、歯磨き指導・歯のクリーニングを行います。

お口の中の汚れがたまりやすい所、つまりは、歯磨きがしっかりできていない所が虫歯になりやすい場所となります。歯磨き指導では、そういった汚れがたまりやすい場所に対して、正しい歯磨きを仕方をお教えすることで、皆様の虫歯予防のお手伝いをしていきます。

歯のクリーニングでは、自分自身の歯磨きでは取り除けない歯垢や歯石などを、歯医者の専門器具を使って丁寧に除去していきます。

定期的な歯科検診を利用して、虫歯の予防・早期治療に取り組んでほしいと思っています。

ページの先頭に戻る
トップに戻る